ソイカウボーイのバカラ、ドールハウス、ライトハウス~2016年9月パタヤ旅行記(31)

img_5148

タイ6日目(パタヤからバンコク移動日)の夜。

タニヤで何の収穫もなく、ただただパタヤに残っていれば、と後悔の念を抱きつつ、ソイカウボーイに。

 

20時ぐらいだったので、今まで一度も足を踏み入れたことがないバカラに行ってみます。

すると、すでにほぼ満員。

辛うじてステージ真下の席が空いていたものの、鶴次郎の次に入ってきた客は2階行きです。

ハイネケンをちびちび飲みつつ、すごく見辛い角度から嬢をチェックしますが、ほとんど見えません 笑。

ステージの2グループを見学するものの、うーん。

そうこうしているいうちに早くもペイバーしていく人たちも。

すると、鶴次郎より先に座っていた隣の兄ちゃん、給仕から「嬢を選ぶか、もう一本頼め」としつこく催促され、ブチ切れて退店していきます。

繁盛すぎる店もやっかいだなぁ、と思いつつ、結局その後さらにもう1本だけ飲んで鶴次郎も退店します。

 

ぶらぶらしながら入った店はなぜかドールハウス。

なぜ入店したのか自分でもわかりません 笑。

たぶん呼び込み嬢にフツーに腕つかまれて、という展開なんだと思います。

で、店内、完全に終わってました 笑。

客ほぼ皆無、嬢のレベルはパタヤの場末のバービア以下でした 笑。

飲み代100バーツだけ払って、ハイネケンを外のカウンターに持っていき、通りを眺めながら飲むことに。

しばし色々と考えます。

広 告

で、次に入ったのはライトハウス。

なぜか毎回入店してしまいます 笑。

空いてる店内で、ここではコーラを注文。

嬢を眺めつつ、うーん、と考えていたものの、おしゃべり好きな給仕がちょっかい出してきます。

すると、隣に座って休んでいた嬢も参戦してきて、ダンス中にそこそこいいかな、と思っていた嬢なのでとりあえずゴチしてあげます。

なぜか給仕にも 笑。

ちなみにこの嬢、日本に帰国してTVを観ていたら、空手選手の植草歩さんに似てました。

かなりいい感じだったんですよねぇ。

ペイバーを打診しますが、ショートで3500という途方もない金額を提示してきたので、断念。

コヨーテなんだかダンサーなんだかわかりませんが、色々と理由を説明されたんですが、全く頭に入らず。

体よく理由をつけて退店です。

 

んー、これ以上ソイカウボーイをぶらぶらしてもなぁ、と思い、ナナプラザに向かうのでした。

このときもなお、やっぱりパタヤが良かったなぁ、という後悔の念がすっかり頭を包んでいました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る