ジェイルバーズでペイバーした嬢に満足~2016年9月パタヤ旅行記(5)

img_4997

タイに到着した夜、時間はすでに12時をまわっています。

ソイカウボーイからナナに移動し、ジェイルバーズに入店した鶴次郎。

 

客入りは余り多くないものの、そこそこの嬢がそこそこの人数で、何となく雰囲気良かったので案内されるまま着席。

この日4本目となるハイネケンをオーダーしてステージを眺めます。

 

鶴次郎の座るシートから一番遠い対角上で踊るコが気になり、何度か見ているうち目が合うと笑みを返してくれるように。

その間、ママさん(?)が片言の日本語で嬢を選べとかやたら話しかけてきてました。

ただ、よくあるウザい感じではなく、断っても笑って返すみたいな、気さくな感じでした。

 

ダンスが終わったら呼んでみようと思っていた矢先、隣のシートで休んでいた嬢が絡んでくるように。

体よくあしらっていたものの、ついには鶴次郎にまたがってきて、耳舐めとか胸いじりをされるように。

カワいくないわけではないけど、ちょっとスリムすぎるかなぁ、という印象でしたが、あまりの積極攻撃に白旗 笑。

ドリンクをごちそうし、ついでに断り続けてたママにもドリンク進呈。

積極攻撃の嬢とイチャついたり会話したり。

 

そしてついにペイバーの催促が。

まぁ、ここまで積極攻撃だったらサービス地雷は無いだろうと考え、値段交渉。

ショート2500を提示されたので、本心では「まぁ措定の範囲内」と思ったものの、あえて怪訝な顔をしたところ、2000にすぐディスカウントしてくれました。

ペイバー代は失念したものの、嬢とママのドリンクなど全て合わせて1360バーツ。

 

ショートなのに珍しく「あなたのホテルにする?」と聞いてきたのですが、雨がぱらついていたのでナナプラザでOKと返事。

ジェイルバーズは3Fなので、店を出てすぐホテル 笑。

 

ゴムを持ってるかと訊かれたので、笑顔で「Of course」笑。

入室するとすぐさまシャワー、というわけではなく、スキンシップを図ってきます。

んー、当たりの嬢かも 笑。

 

嬢は自分のカメラと鶴次郎のカメラ、両方のカメラで色んな写真を撮り始めます。

スキンシップ中とかフレンチキス状態とか濃厚状態とか 笑。

エスカレートしてきて嬢がハァハァ言ってきたところでシャワータイム。

当然ここでもスキンシップ 笑。

 

ベッドに戻っていよいよ対戦開始。

嬢はすでに受け入れ万全の状態だったのですが、ちょっと時間をかけて色んな事していたら、ついに我慢できなくなったようで、鶴次郎を押し倒してマウント状態に。

後ろ向きにしようとすると、ずっとキスしていたい、というので正対した状態で。

上でも下になってもずーっと頭を押さえつけて離してくれません 笑。

先に嬢がフィニッシュを迎えたようですが、鶴次郎はそこからスパートを始め、無事にフィニッシュ。

サービス地雷だったらすぐさまシャワーに飛び込みますが、この嬢はしばしの休憩後、またまたスキンシップを。

こっちが色々と心配になります 笑。

LINEを交換され、5日後にパタヤから戻ってきたら連絡してねと念を押され、一緒にシャワーを浴びてお別れ。

チップ2000に300を足してあげました。

初日にしてイイ子に巡り会えました 笑。

 

後日談ですが、この嬢、お店PRのyoutubeにエース格みたいに映ってました。

鶴次郎の帰国日には、腰にタトゥーを入れたことをタイムラインに上げてましたね。

その投稿にいいね!したのがほとんど日本人男性でしたけど 笑。

満足感を味わいつつ、ホテルに戻ってシャワーを浴びて3時過ぎに就寝、初日の行動を終えました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る