カジノ大小(Sic-Bo)必勝法2.人を見る

大小(Sic-Bo)はマカオのカジノの大定番のゲームです。

多くの人が集まるテーブルがあったら、それはおそらく大小(Sic-Bo)のテーブルでしょう。

今回は大小(Sic-Bo)の攻略・必勝法の中でも、有効な戦法のひとつをお教えしましょう。

大小(Sic-Bo)の詳しいルールはこちら

 

大小(Sic-Bo)の攻略・必勝法

カジノ側ばかり、なぜ儲かるのでしょうか?

大小(Sic-Bo)でも、勝敗では勝ち越してるのにトータル金額では大損という方は少なくありません。

大小(Sic-Bo)の控除率

ほとんどの人は、大きく張ったときの負けが響いているわけです。

今回ご紹介する必勝法は、それを逆手にとります。

戦法は簡単です。

・アツくなって(負けていて)大きく張る人とは反対に賭ける

たったこれだけです。

 

思い返してみてください。

もしあなたが大小(Sic-Bo)で大損した経験をお持ちなら、もうおわかりでしょう。

アツくなって「最後の大勝負!」とばかりに大金を賭けたとき、ことごとくハズれていませんか?

もしくはそんな光景を多く見かけていませんか?

その「逆張り」をすれば良いだけなんです。

周囲が500HK$とかミニマムに近い金額で賭けているなか、アツくなった人が5000HK$とか1万HK$を「ドン」と賭けたとき、あまり目立たない金額で

逆張りしましょう。

広 告

注意点としては、

対抗して同様な大金を賭けるなど、目立ってはいけません

やり過ぎると、恨みを買う恐れがあるので、タイミングを見て席を離れる

ということです。

賭け時間の終わり頃に賭けることになるため、一人逆張りとなると、それだけで目立ちます。

おそらく、大きく賭ける人の周囲には、その大勝負に乗ろうと同じ箇所に賭ける人も増えます。

その中での逆張り、しかも勝とうものなら、一気に場の人の反感を買いがちになります。
根性なしの鶴次郎は2連勝したら逃げます

逆に言えば、アツくならず大勝負を控えること、も大小(Sic-Bo)に重要な戦略となるわけです。

ぜひ試してみてください。

「最後の大勝負」なんてことの無いように「転ばぬ先の杖」はマネパカードを


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る