カジノ大小(Sic-Bo)必勝法1.基本編

サイコロ3個を転がして、その結果を当てるゲームの大小(Sic-Bo)。

単純すぎるが故に、ゲーム性をあまり奥深く追求してる人は多くありません。

今回は4回に分けて大小(Sic-Bo)の攻略法についてお教えしましょう。

今回は1回目なので、セオリー的な内容をお届けします。

マカオの大小の基本ルールはコチラ

 

大小(Sic-Bo)の控除率と出現率

まずはこの表をご覧ください。

賭け方 全216通り 出現率 配当 控除率
大・小それぞれ 105通り 48.60% 2倍 2.78%
トリプル 1通り 0.46% 150倍 30.09%
エニートリプル 6通り 2.80% 24倍 30.55%
ダブル 16通り 7.41% 8倍 33.30%
合計4か17 3通り 1.40% 55倍 22.22%
合計5か16 6通り 2.80% 20倍 41.67%
合計6か15 10通り 4.60% 15倍 25.92%
合計7か14 15通り 6.90% 12倍 9.72%
合計8か13 21通り 9.70% 8倍 12.50%
合計9か12 25通り 11.60% 6倍 18.98%
合計10か11 27通り 12.50% 6倍 12.50%
コンビネーション 30通り 13.90% 5倍 16.67%
ワンダイ 91通り 34.7% 2~4倍 7.40%

広 告

おわかり頂けたでしょうか。

出現率と配当が一致せず、カジノ側に有利な賭け方がいくつもあります。

3つの完全ゾロ目となるチリプルは、150倍という配当に目が行きますが、実のところ、216回に1回しか出現しません。

大か小か、でもトリプルではハズレとなるため、2分の1の確率以下です。

確率上で言えば、216回のうち6回はハズレとなります。

ということは大小(Sic-Bo)は、

回数を増やせば増やすほど負けやすい

ということがわかります。

あえて長時間プレイを楽しむのであれば、「大か小か」と「7か14」、あるいは2つ以上のゾロ目を期待して「ワンダイ」に賭けて楽しむことではないでしょうか。

大小で手持ちのお金が無くなる前に、転ばぬ先の杖はマネパカード


スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る