アンコールワット入場券を購入~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(32)

angkorwat_ticketoffice

蚊の襲来でほとんど寝られず、朝5時にホテルを出発しアンコールワットの日の出観賞へ。

10分も遅刻してきたドライバーのせいで、恐れていた「トゥクトゥク来ないかも」という不安が最高潮に達したわけですが、無事合流して出発。

ちなみにホテル手配のトゥクトゥクでは、日の出観光に向かうのに4時半出発のようでした。

 

シェムリアップ市内からアンコールワットに向かう道中は、おしゃれにライトアップされた道を走っていきます。

IMG_8502

我々の乗るトゥクトゥクはオンボロでスピード出ないので、次々抜かれ、抜かれるたびに乗車している観光客の注目を浴びます 笑。

たぶん皆「すげーオンボロのトゥクトゥクだー」みたいな感じで見ていくんですね 笑。

なにせ、真っ直ぐ走れません。

そんなこんなでトゥクトゥクに揺られること30分ぐらい。

広 告

まずはチケットセンターでチケットを購入します。

このチケットセンター、すごく広くて大きい建物ですが、なぜか購入客がほとんどいませんでした。

チケットセンターは朝5時から営業してますが、ホテル手配のトゥクトゥクで早く出発した人たちは、オープン前に到着することになってしまうんですけど、我々が到着した5時半過ぎにはほとんど購入客がいませんでした。

皆さん、すでにチケットを持って直接遺跡に向かったんですかね。

それとも街の中でも購入できるんだろうか。

よくわかりません。

 

支払いは最近まで現金のみだったようですが、今ではクレジットカードもOKです。

1日券は37ドル、3日券は62ドル、7日券は72ドルという料金。

今日しか観光しないので37ドルの1日券を購入します。

購入窓口に設置されているカメラで顔写真が撮影され、入場券に顔写真が印刷されます。

一応、偽造というか譲渡防止のアイデアですね。

カメラの性能が貧弱で、運転免許の写真よりもヒドイ写り方になります。

どれだけカッコつけて写っても、基本的に顔が横広になって写ります。

記念に保管したいという方は、無理やり顔を細めて写るようにしてください 笑。

angkorwat_ticket

さて、いよいよアンコールワットに向かいます。

途中、チケット確認検問所を通過します。

紛失した場合は再度購入となるので、注意して保管しましょう。

まだほぼ夜の闇に近い状態ですが、アンコールワットに到着しました。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る