アンコールワットの日の出~2018年1月タイ・カンボジア旅行記(33)

IMG_8528

アンコールワットの入場券を購入し、朝6時前にアンコールワットのトゥクトゥク駐車場に到着です。

もの凄い数のトゥクトゥクがとまっていました。

駐車場所を覚えておかないと再合流できません 笑。

まだ暗い中、日の出観賞場所を求めて歩きます。

すると、それなりの日の出待ち観光客がいたので、同じように待つことに。

その場所は、アンコールワットをぐるりと囲むお堀のまわりでした。

たしかに、色んな写真って池みたいなところからアンコールワット越しの日の出だったなぁ、なんて思ってました。

すぐ横には英語ではない言語を話す若い外国人たちが、タバコの形をしたいかにも怪しい草を吸って盛り上がってました。

IMG_8508

色んな意味で危ない気がしたので、少し離れたところへ場所移動します。

広 告

それでは日の出までの写真をどうぞ。

午前6時10分
IMG_8505
 

午前6時25分
IMG_8510
 

かなり明るくなってきたので、アンコールワットに向けて歩き始めます。
午前6時42分
IMG_8518
 

完全に陽がのぼりました。
午前6時44分
IMG_8521
 

iPhoneで撮影したのですが、写し方でかなり変わります。

それでも日の出写真って撮影難しいですね。

広 告

で、アンコールワットの敷地に入ったわけですが、ここで驚愕の事実が発覚します。

なんと、写真でよく見るアンコールワットが映る池、は敷地内にありました 笑。

そして、もの凄い観光客でごった返していました。

IMG_8526痛恨のミスでした 笑。

たしかに最初に待っていた場所で、水面に映るはずのアンコールワット、かなり小さいなあと思ってました。

敷地内に入って行く人もポツポツいたのですが、まさかこんなに人がいたなんて。

たぶん、我々が到着したときは他の観光客より遅かったんですね。

だから、我々が到着したときは既に池の周りは大勢の観光客でごった返していたのだと思います。

 

つことで、アンコールワットで日の出を観賞する場合は、必ずアンコールワットの敷地内まで進んでいきましょう 笑。

てなわけで、嬢とともに大失敗を大笑いしてアンコールワットに向けて歩を進めます。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る