いつものイサーンディスコへ~2017年9月パタヤ旅行記(7)

17091503

初日の夜。

ゲリラ豪雨みたいな雨によってバービアで足止めを食らったものの、程無くて雨が止んだので、恒例のイサーンディスコTAMNAN KON E-SANへ。

3人でバイタク2台に乗ってすぐに到着。

 

時間は既に深夜1時過ぎ。

といっても客入りまだ7割ぐらい。

これが1時間後にはほぼ満席になるから、パタヤのイサーン人たちの生態が未だによくわかりません 笑。

広 告

ステージ目の前が空席だったのでそこに案内されます。

15分ほどで、おなじみのLBのKが合流。

初お目見えとなるLBご友人も一緒でした。

そのご友人、なんか、あどけない少年がそのまま大きくなった感じで、ちょっとかわいいかも、と思ってしまいます 笑。

とはいえ、名前も出身地も聞いたのに忘れてしまいましたが。

 

で、いつものようにボトルを入れて、いつものように辛い食べ物が注文され、いつものようにヒーヒー言いながら食べ、いつものように腰振って踊りました 笑。

 

ステージ上から馴染みのMCとLBダンサーがあざとくこちらを見つけ、ステージ後にテーブルへ合流してきます。

するとE嬢のおばさんが、すぐにジャンケン一気大会を開催。

これ、楽しいんですけど、ウィスキーがあっという間に減っていくんですが 笑。

総勢7人で、どうやら全員が負けるまではやめない様子。

これはこれで困ったものです 笑。

ただ、MCと鶴次郎が3杯づつ以外は皆1回づつの負けで済んだので、まぁヨシとしましょう。

091502
叔母さんとご友人      LBのKとE嬢

で、ステージを見ると、今まで一度も見たこと無い、マツコデラックス的ボーカルが。

たぶん、おそらく、目新しいことに挑戦しようと、ちょっとだけコメディチックなものを取り入れてみたのでしょう。

それがトップ画像の人。

残念ながら総じて客の方は特別な盛り上がりを見せてはいませんでしたが。

広 告

それと、この日も別な日も、鶴次郎の個人的お気入りのちょっとキレイなダンサーの姿が見当たらず。

こっそり思いを寄せていただけなので、誰にも聞くわけにもいかず 笑。

たぶん辞めてしまったのでしょう。

そういう意味では、ボーカルな人たちはほぼずっと固定で活躍してますが、ダンサーはかなり入れ替わりが激しい感じです。

一応、普段はコヨーテとして踊っているE嬢に、ここのダンサーになれば?なんて言っておきましたが。

ダンサーの給料、そんなによくないのかもしれません。

 

そんなわけでボトル1本を空けた朝4時過ぎにお開き。

バイタクに乗ってホテルに戻ります。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る